◆ 「希望の党」 VS 「希望の党」 


報道特注帰って来た!上念司 SP
足立康史・和田政宗・生田よしかつ・上念司
文化人TV | 2017.10.01



面白いお話が聞けますが特に14分30秒あたりからに注目
で、




2005年総務省明るい選挙推進協会製作
希望の党 (映像作品)

(Wikipedia )

監督・金子修介
脚本・松枝佳紀
撮影・大沢圭子
音楽・MOKU
出演/渋谷飛鳥 木下ほうか 山本奈津子 楳図かずお 
    並木史郎 野口雅弘 金子奈々子 野木太郎 新津勇樹

あらすじ

近未来の日本。

国政選挙の日、サラリーマンの主人公は
「どうせ誰に投票しても世の中変わらない」
と選挙権を棄権し、妻とピクニックデートに行く。

その選挙では「希望の党」と称する政党が若年層からの支持を得て政権を奪取する。

「希望の党」は
・ 選挙権年齢の引き下げと
・ 棄権者の参政権の剥奪、
・ 動物虐待や痴漢への厳罰化(死刑)
といった政策を実行に移していく。

やがて政権は徴兵制を導入し、
主人公のひとり娘は戦争に行くことになり、
主人公は投票しなかったことを後悔する。

そこに自分は「ゴッド」であると主張する男が現れ、
主人公はゴッドに頼んで過去に戻してもらう。




希望の党前編




希望の党後編



小池百合子さん、政界に24年いて云々とか言ってましたけど、
総務省が制作した短編映画を、ご存じなかったとは・・・(^^;


やっぱり私が思った通り、
「パンドラの箱」からは魑魅魍魎が飛び出して来て、
最後に「希望」が残りますけど、
小池新党は “逆” パンドラの箱のようで、
希望をめがけて魑魅魍魎が次々と入り込んで来ているような・・・




公式希望の党
希望の党 | 2017.09.27 公開



関連記事

0 Comments

Leave a comment