◆ 【ミャンマー・ロヒンギャ難民】 ロヒンギャの武装集団の襲撃が、事の発端 

バングラデシュ
ロヒンギャ2350人以上を治療
銃・なた・地雷などで負傷

2017.09.22
(http://www.afpbb.com/articles/-/3143929?cx_position=60 )

バングラデシュ、ロヒンギャ2350人以上を治療 銃・なた・地雷などで負傷
ミャンマーのラカイン州を脱出しバングラデシュ国境近くの避難民キャンプで支援を受ける
イスラム系少数民族ロヒンギャの難民
2017年9月5日撮影)。(c)AFP/K M ASAD



バングラデシュ当局は21日、ミャンマーでの民族抗争で重傷を負ったイスラム系少数民族ロヒンギャ2350人以上をこれまでに治療したと発表した。

銃で撃たれたり、なたで切られたりした傷や地雷による外傷の治療が含まれている。


バングラデシュによるとこれらの重傷者2364人を含めた難民約1万4000人が、これまでに病院や移動診療所で病気やけがの治療を受けた。


8月25日以降、国籍を持たないロヒンギャ約42万2000人がミャンマー西部ラカイン州から避難しており、バングラデシュとの国境沿いにある受け入れ態勢が不十分なキャンプに難民が殺到している。


こうした事態を受け、サウジアラビアからバングラデシュに向けて支援物資100トンを搭載したボーイングのジャンボ機が飛び立ったり、米国が3200万ドル(約36億円)の追加支援を発表したりするなど、支援活動が強化されている。


バングラデシュのモファッザル・ホサイン・チョードリー・マヤ災害対策相は21日、
「国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)がロヒンギャ難民に食料、医療サービス、避難施設を提供すると確約し、国連世界食糧計画(WFP)はロヒンギャ40万人の向こう4か月分の食料を保証した」
と述べた。


コックスバザール県の地元当局と支援団体が懸命にロヒンギャに食料、住まい、医療サービスなどを提供している。

ロヒンギャの人々は、逃れる際にミャンマー軍仏教徒の民兵組織に拷問を受けたりレイプされたりしたと語っている。(c)AFP



ミャンマー軍
ヒンズー教徒の集団墓地発見
ロヒンギャの仕業

2017.09.25
(http://www.afpbb.com/articles/-/3144107?cx_position=2 )

ミャンマー軍、ヒンズー教徒の集団墓地発見 「ロヒンギャの仕業」
ラカイン州の州都シットウェにある避難所で
家族23人が死亡したと訴えている20歳のヒンズー教徒の女性
2017年9月22日撮影)。(c)AFP/Aidan JONES



ミャンマー軍は24日、暴力の連鎖で荒廃した同国西部ラカイン州で、女性と子どもを含むヒンズー教徒28人の集団墓地を発見したと発表した。

その上で、殺害に及んだのはイスラム系少数民族ロヒンギャの武装集団だと断定した。


ラカイン州では先月25日にロヒンギャ武装集団による襲撃が発生して以来、宗教間の暴力紛争に発展し、以前はイスラム教徒と同じ村内に暮らしていたヒンズー教徒も、ロヒンギャ武装集団の標的にされていると訴えて数千人が避難している。


同域ではミャンマー軍が立ち入りを厳しく規制しているため、発表の真偽の第三者的立場からの確認は取れていない。


軍司令官のウェブサイトに投稿された声明には、
「治安部隊がヒンズー教徒28人の遺体を発見して掘り起こした。
ラカイン州の過激派テロ集団アラカン・ロヒンギャ救世軍ARSAによって冷酷かつ暴力的に殺されていた」
と記されている。


ARSAによる襲撃が発端で、軍が激しい反撃を開始

国連(UN)からはあまりに残虐だとして、ロヒンギャの民族浄化に当たるという指摘も上がっている。


ラカイン州からは1か月足らずで43万人以上のロヒンギャがバングラデシュに避難。

避難者らはミャンマー軍の兵士らが自警団員と結託して民間人を殺害し、村全体を焼き払ったと訴えている。


また同州内のヒンズー教徒仏教徒の合わせて約3万人も、暴力行為のため避難を余儀なくされている。

いずれもAFPの取材に対し、ロヒンギャ武装集団に恐ろしい思いをさせられたと語っている。(c)AFP


このニュースには驚きました。

日本にも避難民が来ているというロヒンギャ。

アジア~中東~アフリカの途上国では今なお頻繁に少数民族の迫害がニュースになっているので、ロヒンギャもその一つだと思って、さほど気にしていなかったのですが、そのロヒンギャの武装集団が、事の発端だったとは・・・

スーチー女史がロヒンギャの苦難に何もしなかったと非難されていましたが、イスラム教徒と仏教徒とヒンズー教徒の抗争に、ミャンマー軍の出動。その発端がロヒンギャとあっては、スーチー氏がどうこう出来る問題ではないと・・・


ミャンマー~フィリピン

関連記事

0 Comments

Leave a comment